<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

物心両面の幸福の追求

理念浸透経営を実現するための基本方針

「HANAKENチームの物心両面の幸福の実現」

 

では物心両面の幸せとは何だろう?

方針発表会で全社員に考えてもらった。

言葉の表現はマチマチだか、総称的に言うならば。

 

心の幸せとは=精神的豊かさ

物の幸せとは=経済的豊かさ

 

ということになるのだろう。

 

では

精神的豊かさとは何なんだろう?

私達が目指す

感謝・夢・喜び・感動を共有共感することではないのか!

 

そのように考えると物心両面の幸福の実現とは理念を実現

するための基本方針だが、実は物心両面の幸せを実現する

ための基本方針が理念とも考えられるのではないのか。

 

心の底から「感謝の心で夢・喜び・感動を提供する」事。

与えたものは必ず帰って来る。

 

理念を共有・共感することではないのか。

 

そして、それが自然にできるひとが物の幸せ「経済的豊かさ」

を実現できるのではないのか。

 

理念と物心両面の幸せは表裏一体

 

どうしたら、チーム1人1人が心の底から

 

 私たちは感謝の心で

  素晴らしい夢 

  人としての喜び

 そして感動を提供します

 

理念に基づき自ら考え行動できるのかを追求し

必ず「理念浸透=物心両面の幸福」を実現する。

 

 

 

 

 

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

働き方改革とは?

6月29日「働き方改革法案」が賛成多数で可決しました。

働き方改革とは「一億総活躍社会」実現に向けた取り組み。

背景には、労働人口が予想以上に減少していることが挙げ

られます。

 

労働力不足を解消し、一億活躍社会をつくるために

・働き手を増やす(労働市場に参加していない女性や高齢者)

・出生率を上げて将来の働き手を増やす

・労働生産性を上げる

に取り組むというのが「働き方改革」の概要です。

 

これらを実現するための課題として

・長時間労働の解消

・非正規と正社員の格差

・労働人口不足(高齢者の就労促進)

これらが働き方改革の最重要課題です。

 

私達も7月1日新しい年度に入り、

労働生産性を高める働き改革の取り組みを行っていきます。

労働生産性を高めるために、

業務改善(時間短縮の工夫・仕事の見える化)

タイムマネジメント(無駄な時間の削減)

スキルアップ(自己啓発・専門知識を高める・傾聴力・

伝達力を高める・PDCA)

などを常に意識して仕事に取り組むこと。

そして何よりも大切な事は、私たちが目指す

「感動の家づくり日本一」

「感謝・夢・喜び・感動」

理念に基づき自ら考え行動する。

理念心透経営。

最大のパフォーマンスを発揮し感動を与えるチーム

実現にむけあらたにとりくんでいきたいと思います。

 

 

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

目標設定はSMARTに

6月も残すところ1週間をきった。

お陰様でこの6月末で弊社も12周年を迎える。

 

これも一重に、スタッフ、協力業者様、お客様

HANAKENチームメンバー1人1人が理念

に基づいて考え行動していただいたお陰。

 

本当「ありがとうございます」

心より感謝申し上げます。

 

7月10日、来期に向けての方針発表会を開催する。

私達の最大の課題は、「目的」「ビジョン」「目標」

への考え方と熱意と行動。

 

13期の目標を掲げるにあたり。

 

ゴールの目標「KGI」とプロセス目標「KPI」

いずれの目標もきちんと機能させるためには、

SMARTに設定していおくことが非常に重要。

SMARTとは、目標設定に押さえておくべき

ポイントの頭文字をならべたもの。

 

Specific:具体的である

Measurable:測定可能である

Achievable:達成可能である

ResultーBased:「成果」に基づいている

TimeーBound:期限付きの目標

 

「具体的に言うと?」

「どうやって測れる?」

「本当にやれる?」

「これをやると、どんな成果が出るの?」

「いつまでにやる?」

 

SMART

これらの5つのキーワードにもとづいて

来期の目標をより具体的に考え方針発表

にのぞんでいただきたい。

 

13期は全員が目標達成し

「物心両面の幸せを実現しよう」

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
1/111PAGES | >> |

LATEST ENTRY

ARCHIVE

RECENT COMMENT

OTHERS