<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

まず理解に徹し、そして理解される

中途研修◆孱靴弔僚慣」での学びを

みなさんと共有したいと思います。

第5の習慣「まず理解に徹しそして理解される」

今回のプレゼンテーターは、特攻隊長Kちゃん

とてもわかりやすいプレゼンだったので、もっと

詳しく知りたいという方は、Kちゃんに聞いて

いただければと思います。

 

「まず理解に徹しそして理解される」とは?

自分を理解してもらう前に、まず相手を理解

しなさいということです。

まず「聞き上手」となって相手を理解する。

相手を理解するのに必要なことは・・・

 

それは、共感による傾聴です。

共感とは、相手の視点にたってみること。

感情的にも知的にも、相手を深く理解する事です。

 

聞き方には5段階あると言われています。

第1段階、相手を無視してまったく聞かな

(無視する)

第2段階、相槌は打つが、話の内容はまったく入っていない

(聞くふりをする)夫婦の会話で・・・・

第3段階、話の部分部分だけを耳に入れる

(選択的に聞く)

第4段階、神経に集中して、相手が話す事に注意を払う

(注意して聞く)

第5段階、まず相手を理解しようと聴く。相手の身になって聞く

(共感による傾聴)相手を理解したいという気持ちで聴く

 

皆さんは、誰に対しても第5段階(共感による傾聴)

で話を聴いていますか?

 

共感して聴くためには、耳だけではなく目と心も使う事が大切。

言葉10% 音の声やトーン30% ボディランゲージ60%

 

そして共感による傾聴スキルの4段階

第1段階、相手の言葉をそのまま繰り返す

第2段階、相手の言葉を自分の言葉に置き換える

第3段階、相手の気持ちを言葉にする

第4段階、相手の言葉を自分の言葉に置き換えると同時に相手の

気持ちも言葉にする

 

共感による傾聴で、相手の言葉を自分の言葉に置き換えると同時

に相手の気持ちも言葉にすることができて初めて相手を理解する

ことができるのです。

 

そして、理解される

 

まず、信頼を与え信頼残高をつくり、相手の身になって

コミュニケーションをとり、最後に自分のことを筋道立てて

表現し、プレゼンテーションをする。

 

第5の習慣は、今すぐにでも実行することができます。

常に意識「まず理解に徹し、そして理解される」

ように行動してください。

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

快適の追求

「わがチームが社会で実現したい具体的な貢献」

我々の使命は何か?「快適な住空間をつくる」

とHANAKENチームは定義した?

 

快適とは何だろう?

辞書を調べると

心や身体の望む通りの条件が満たされて

とても気持ちの良い事とある。

 

住宅にとって快適とは?

 

_帆澗里夏涼しく冬暖かい

光熱費が安い

ストレスが減った

た乙きが楽になった

グ藥が楽になった

Ε灰潺絅縫院璽轡腑鵑円滑になった

Р嵎款匹両評が軽減した

体温が上がった

体調を崩しにくくなった

行動量が増えた

 

まだまだあると思うが人によって快適な

状態を感じるのはマチマチだろう。

 

実はこのアンケート「高断熱住宅」に住んで

変わったことのアンケート調査結果の一部である。

 

快適な家=高気密高断熱の家

 

家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを

提供するHouzz Japan(東京都渋谷区)は

Houzzに登録している国内ユーザーを対象に実施した

「家づくりとパートナーとの関係性調査」の結果を発表した。

(有効回答数1,451人)

パートナーとの円満な関係に「住まいの快適さが影響」

していると思いますか?

の質問に対して

何と、96%人が関係していると思うと答えている。

 

快適な家=高気密高断熱の家=円満な家庭

 

この調査から、このような式がなりたつのではないだろうか?

 

HANAKENチームは 感動の家づくりを

快適を徹底的に追求し

幸福な家庭を築きあげていただけけるよう

快適な住空間を提供していきます

 

 

 

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

逆算思考

目標達成のための思考方法には

 

逆算思考と積み上げ思考の

二つの思考方法があります。

 

逆算思考とは?

ゴール(目標)を先に想定して、そこに到達する

ために今やるべきことは何か、どのように進めて

行くかを逆算してプランを考える思考方法です。

 

積み上げ思考とは?

ゴールを明確に描くことなく、物事を進めながら

実際に積みあがったものが最終的な成果となると

いう思考方法です。

 

みなさんは、どちらの思考方法で物事を進めておられますか?

どちらの思考方法がパフォーマンスを発揮できるでしょうか?

 

時間は有限。

限られた時間を最大限に生かすためには「ゴールからの逆算」

 

まず何の為にやるのか目的を明確にし目標を決める。

目標の設定には、明確な数字と期限を設ける。

(年・月・週・日・時間)に落とし込み

 

Plan(計画)   「計画をたてて」

 

※目標を達成できるかどうかは、計画の作り込み次第いと

 いっても過言ではない。

 計画策定段階で勝負は90%決まる。

 

Do(実行)       「実行して」

Check(評価)  「それを振り返って」

Action(改善) 「もっと上手なやり方をする」

 

マネジメントサイクルの基本PDCAをまわす。

 

ごくごく当たり前のことと言われながらも、何故か

実践できていない人がおおいようです。

 

ゴールからの逆算で、PDCAをまわすことで、

パフォーマンスを高め、達成感、やり甲斐をもった

日々が送れるのではないでしょうか。

 

今日から、新しい年度がスタートしました。

ゴールからの逆算で、6本の柱(仕事・家庭・教養・趣味

健康・財産)すべての目標を達成できるよう頑張りましょう。

 

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
1/127PAGES | >> |

LATEST ENTRY

ARCHIVE

RECENT COMMENT

OTHERS