<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初心忘るべからず | top | 主体性を持つ >>
 

珍しきが花

今から約650年前、室町時代に能を大成した人物「世阿弥」

世阿弥が父から受け継いだ能の奥義を、子孫に伝えるために書き記した

 

「風姿花伝」花傳第七 別紙口傳より

 

そもそも、花といふに、万木千草において、四季折節に咲くものなれば、

その時得てめずらしゆゑに、もてあそぶなり。申楽も、

人の心にめずらしきと知るところすなはち面白きこころなり。

花と、面白きと、めずらしきと、これに三つは同じ心なり。

 

花と言えば、四季折々の花がある。季節が変わって咲く花であるからこそ、

その花は珍しいものとなり、人々も喜ぶ。能も同じである。

人にとって新しいものであるからこそ、おもしろいと感じる。

つまり「花」と「おもしろい」と「珍しさ」は同じことなのだ。

 

これは人気に左右される芸能の世界で勝つために、世阿弥が至った確信。

常に新しいもの、珍しいものをつくりだしていくことが大切だということ。

 

ドラッガー提唱するイノベーション「珍しきが花」「新しきが花」という

ことを日々考え「感動」をあたえられるよう取り組んでいきたい。

 

 

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

スポンサードリンク | - | 07:07 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL:
 

LATEST ENTRY

ARCHIVE

RECENT COMMENT

OTHERS