<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 一期一会 | top | 死への覚悟 >>
 

波を数える男

イソップ童話で「波を数える男」の話をご存知でしょうか。

 

男が浜辺に座って海をみつめながら、ある野望を抱きました。

打ち寄せる波の数を一つ残らず数えようというものです。

しかし、何時間か数えていくうちに、睡魔に襲われて30分

ほどウトウトしてしまい、その間、波を数えられませんでした。

男は自己嫌悪に陥り、やる気をなくしてしまいました。

そこに一匹のキツネがやってきて、男にこういいました。

「あなたは、どうして終わってしまったことにいつまでもこ

だわっているのか?何時間、そうやっても過去は変えられな

いのだよ。気を取り直して、いまからもう一度数え直せばい

いじゃないか」

すると、男はキツネの言葉に勇気づけられふたたび波を数え

はじめました。

 

みなさんはこの話を聞いてどう思いますか?

 

昔から「苦労は買ってでもしろ」といわれますが、

してはいけない苦労は 「持越しく苦労」と「取り越し苦労」

 

「持越し苦労」とは苦労を残して次に送る事。過去の事を

        悔やんだり嘆いたりしても仕方がない。

「取り越し苦労」どうかわからないことをあれこれ心配すること。

 

人には悩みはつきもの。「あの人はどう思っているだろう」とか

「これからどうしよう」など考えてしまう事はある意味仕方はないが

それを持ち越したり、取り越したりすることを考えてばかりいると

大切な自分らしさまで失ってしまう。

 

終わったことは仕方ない。

「なんくるないさ」の思いで日々プラス思考でがんばりましょう。

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

nenzureba | - | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

滋賀県を中心とした、注文住宅や新築一戸建てのことなら、滋賀の工務店「華建築(HANAKEN)」にご相談ください。建築家によるデザイン、自然素材を使用したエコ住宅など、こだわりを追求した注文住宅をご提供しています。

スポンサードリンク | - | 08:18 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL:
 

LATEST ENTRY

ARCHIVE

RECENT COMMENT

OTHERS